ナース > 「HOROSCOPE 12星座占い」

おひつじ座 おうし座 ふたご座 かに座
しし座 おとめ座 てんびん座 さそり座
いて座 やぎ座 みずかめ座 うお座

おひつじ座

本来は強い自我を持つあなたですが、この冬は周りや他者からの影響をストレートに受けがちです。好意を示され温かい気持ちになることもあれば、辛辣な意見をぶつけられ、動揺を隠せない場面も増えるでしょう。身近な人達の本音が見えてくるので、それを機に交際する人を選ぶことが大切です。仕事面では、苦手で逃げ腰になっていた仕事内容に、正面から向き合わなければならないことに。自分を磨く時期と割り切り、全力投球して。

おうし座

穏やかな流れの中で、上手に状況を好転させられる好調運です。年末年始の多忙な時期も、朗らかな人柄と周囲からの厚意に支えられて、日々順調に進んでいくことができるはず。いかに普段から人望を築き上げているかが、この期間の鍵となるでしょう。能力もスムーズに発揮できるため、昇給や昇進の話が舞い込む可能性もあります。ただし健康運は低迷気味なので、油断は禁物。インフルエンザなど感染症を移されないようにご注意を。

ふたご座

ハードな運気が続きますが、気力と忍耐強さを持って着実に乗り切り、底力を強められる期間です。目の前に立ちはだかっている厚い壁が、次第に薄くなっていくのを実感できるはず。苦手なことや困難からも逃げずに、創意工夫を凝らしつつ、少しずつでも克服する姿勢を持って。家庭運は良好なので、悩み事を家族に相談したり、自宅でできる趣味を増やしたりすることがお勧めです。健康面は1月以降、風邪や消化不良にご注意ください。

かに座

年末年始の運気は変動が激しく、予定が急変更になったり状況が二転三転したりと、地に足がつかない状況が続きます。対人関係では揚げ足を取られるような、ふいの攻撃に動揺しがちに。妬まれることも一因ですから、自慢げな態度は避け、謙虚な姿勢を貫きましょう。三が日が終わると、運気は大きく好転します。停滞していた流れが動き出し、理想の状況へ進み出したことを実感できるでしょう。地道に忍耐強く進むことが、開運の鍵。

しし座

動きの少ない堅実な運気です。物事の進展はスローで飛び上がるような幸運は訪れにくいため、現状維持で何よりと思う姿勢を持ちたいもの。今手にしている物事を、大事に温めてください。12月中は資格の取得を目指すなど、知識の習得に励むと高い成果が得られます。三が日を過ぎると、運気は緩やかにダウン。行動が裏目に出やすいので、無謀な動きは控えましょう。足元不注意による転倒にも要注意。職場や住まいの整理整頓を心がけて。

おとめ座

続いていた多忙さがひと段落して、歩調を少し緩められる期間。ただし先の計画は膨大にあり、心の緊張感は拭えません。親しい人との会話や日々の食事など、日々の小さな幸福に意識を向け、リラックスを心がけましょう。特に年末年始は、買い物やグルメを楽しむことに幸運があります。三が日が終わると、再び精神的な活力が湧いてきます。理知的になれると同時にフットワークが軽くなり、たまった用事を着々とクリアできるでしょう。

てんびん座

この年末年始は停滞感のある流れの中でも意欲的にアクションを起こし、自分の力で状況を活気づけられます。ときには衝動的で過激な言動で、トラブルメーカーとして揶揄される場面もありそう。満足感と爽快感は得られますが、無意味に人を傷つけないように自重してください。三が日を過ぎるとパワーダウンし、それまでの疲れがドッと出がちに。単調な日々にストレスを抱え、浪費に走る心配も。読書で刺激を受けることがお勧めです。

さそり座

12月から三が日にかけては、平和で波風の少ない運気です。柔軟性も高く、周囲の人と歩調を合わせながら、和気あいあいと過ごせるでしょう。ただし心の中には強い願望や不満が渦巻き、穏やかではない気配があります。三が日を過ぎると、本格的な活動運に。パワーアップして大勢の前で積極的に意見述べ、ときにはリーダーシップを取り、一目置かれる存在になります。自分の意志で状況を変えられる絶好の機会ですから、遠慮は禁物。

いて座

自己主張が通らず周囲に妥協しなければならない、試練運は続きます。職場で何かと頼りにされるため、常に強い責任感が必要で、気が抜けない状態に。難問からも逃げずに忍耐強く取り組むことで、結果的には周囲の期待に応えられ、人気が上昇します。ただし精神疲労に陥らないよう、オンとオフの切り替えは明確にして。特に2月は緊張の糸が切れて、強い脱力感を味わいがち。入浴や香りを楽しみ、心身のリフレッシュに努めましょう。

やぎ座

魅力と存在感が高まっているため、多くの人達に注目される状況が続きます。忘年会など集まりでは、主役になる場面もあるでしょう。ただし三が日までの運気は波風が激しく、物事が一筋縄ではいかない様子。大きな行動を取るほど大きな反動が生まれ、反発や妨害にさいなまれがちに。三が日を過ぎると協力者が増え、波立っていた流れがようやく穏やかでスムーズなものに変化します。目立つほど有利ですから、強く意志を押し通して。

みずがめ座

表舞台に立ちにくい地道運のさなかですが、年末年始の期間は推進力があり、目標に向かって堅実に前進できます。進行方向が散漫にならないよう、ひとつの物事にエネルギーを集中させて。特に難しい機器に関する知識習得など、仕事の技術の向上には絶好の時期といえるでしょう。しかし三が日が終わると、流れに急ブレーキがかかります。周囲との意見が合わずに衝突するなど、不穏な空気が漂いがち。自我のむき出しは控えましょう。

うお座

変動が激しく混沌とした流れに巻き込まれた状態が続きますが、少しずつ霧が晴れるように、迷いや不安が消えていく期間です。12月から三が日にかけては、未だに渦に巻き込まれている感覚が続きます。不平不満を抱え込んだり、自暴自棄な行動に走る衝動を抑えきれなかったりしがち。しかし三が日を過ぎると、次第に真の望みや進行方向が明確になってきます。能力もスムーズに発揮できるようになり、出世に大きく近づける可能性も。