ベストサンクス > べビーのお祝い・ギフトの常識パーフェクトガイド

ベビーのお祝い・ギフトの常識 パーフェクトガイド

ベビーのお祝いって何があるの?
お七夜・お宮参り・内祝い・お食い初め・・・と、ベビーの誕生から1歳のお誕生日を迎えるまで、さまざまなお祝いごとが目白押し!
産後の忙しいママも、ココならお祝いの基礎知識やマナーはもちろん、必要なアイテムまでゲットできるから、お祝いの段取りもカンペキ♪

ギフトショッピングはコチラから

ベビーのお祝いカレンダー

生後1週間以内

退院・帰宅
一般的に、産後1週間以内には母子共に退院できます。
「退院」は赤ちゃんにとって人生初のおでかけ。
この日が親戚や友人への初お披露目になる場合もあるので、
ベビードレスなどを着せておしゃれをするのも◎。

生後7日目

お七夜(命名式)
生後7日目の夜、身内や親しい友人に赤ちゃんの名前を披露するのが
「お七夜」。赤ちゃんの健やかな成長を願うお祝いごとです。
神棚や床の間(なければベビーベッドの近くなど)に命名書を飾り、
祝い膳を囲みます。

30日目ごろ

お宮参り
赤ちゃんの誕生を感謝し、無病息災を願うため、地元の氏神様にお参りすること。
一般的に男の子は生後31日目、女の子は生後33日目と言われますが、
実際は生後1カ月前後で天候の良い日にお参りすることが多いようです。
出産内祝い
お祝いごとがあると、親しい人や身内を宴席に招いたり、お赤飯やお餅を配ったりしていたのが「内祝い」の起源です。
現代では「出産祝いのお返し」と考えるのが一般的。出産後1〜2カ月を目安に送りましょう。
内祝い・出産内祝いの詳しいマナーはコチラ

100日目ごろ

お食い初め
生後100日目に、「一生、食べ物に困らないように」との願いを込めて、赤ちゃんに食べ物を食べさせるマネをする儀式です。
お食い初めの献立は、一汁三菜が基本で、尾頭付きの鯛や赤飯、煮物などを用意します。

1歳

一升持ち(一歳の誕生日)
満1歳の誕生日に、1升の重さの丸餅を子どもに背負わせて、尻餅をつかせる「1升餅」という儀式があります。
これには「一生(一升)健康に育つように」、「一生丸く円満に」などの願いが込められています。

ギフトショッピングはコチラから